登録販売者制度誕生による薬剤師の需要の変化

登録販売者制度誕生による薬剤師の需要の変化

登録販売者資格が誕生した事によって、薬剤師の需要がこれまでとは違ったものになりつつあるようです。最も大きな変化を見せているのはドラッグストアで、これまでの「薬剤師の募集」が「登録販売者の募集」に変わった店舗が圧倒的に多くなっているようです。これは、一般用医薬品の95%以上を占めている第二類医薬品・第三類医薬品が、薬剤師ではなく登録販売者でも扱えるとされているためで、また、薬剤師よりも登録販売者のほうが人件費を安く抑える事ができるという、店側にとっての大きなメリットが存在しているからなのです。

もちろん、理由はこれだけではないようですが、登録販売者資格の誕生によって、薬剤師の活躍の場が少なくなってきている事だけは確かなようです。とは言え、それでも調剤のように「薬剤師にしかできない仕事」は残されており、薬剤師の活躍の場が完全に失われる事はありません。薬学部が6年制になり、薬剤師が余る時代が来るとまで言われている中での登録販売者資格の誕生ですので、薬剤師の需要が冷え込む事を心配する人も多い事でしょう。しかし、いくら登録販売者が頑張っても入り込む事のできない領域がそこにはあり、これによって薬剤師の需要は一定のラインで守られているのです。求人をお探しの薬剤師さんは、コチラのサイトで各求人サイトの評判を比べてみると良いでしょう。

また、これとは違った意味でも、薬剤師の需要には大きな変化が見られているようです。医薬品の販売を行っているドラッグストアなどにおける薬剤師の需要は、やはり低迷している事は明らかで、それとは裏腹に薬剤師に課せられる業務が多くなってきているようなのです。例えば、調剤を併設するなどしているドラッグストアでは、調剤以外の業務も薬剤師が行うと言った事も増えてきているのです。これまで医薬品の販売に従事する薬剤師と、調剤業務を行う薬剤師を別々にしていた店舗などでは、これらの作業を兼務としたり、新規で薬剤師を採用する機会が減るなどしています。登録販売者ではなく薬剤師がいなければ困る、けれども人件費は削減したい、といった店舗などでこうした傾向が多く見られています。

しかし、このような場合でも、登録販売者か薬剤師かと言えば、やはり薬剤師のほうが必要とされている事は事実なのです。登録販売者という新しい資格の誕生によって、薬剤師の需要が減少傾向にある事は事実ですが、しかし、医薬品に関わる業務の80%程度から90%程度の業務にしか携わる事ができない登録販売者ではなく、100%の業務に携わる事のできる薬剤師は、常に一定の需要があり、波はあるものの、それがなくなる事はありえないのです。